雑草除去でお悩みの方は合同会社アイ・エヌ・ジーへお任せ下さい!!

雑草対策として使われることが多い除草剤。一言に除草剤と言っても、安い物から高い物など様々なタイプがありますので、どれを選べば良いのかお困りの方もいらっしゃるでしょう。

ここでは除草剤のタイプや、それらの特徴についてわかりやすくご紹介していますので、除草剤選びでお困りの方はぜひ参考としてお役立てください。

液体タイプと顆粒タイプについて

除草剤は大きく分けると液体タイプと顆粒タイプに分けることができます。

液体タイプは、すでに生い茂っている雑草に直接かけることで雑草を枯らしていくため、茎葉処理型とも言われており、即効性があるのが大きなメリットです。ただし、雨が降ると流れてしまうため、使用時・使用後の天気を考慮して使用する必要があります。

顆粒タイプは、土に染み込ませ根から枯れさせる除草剤で、土壌処理型とも言われています。根から枯れさせるため、除草効果が高いのがメリットですが即効性はありません。

また、土壌に染み込むため、近くに花壇や畑があるとそちらにまで影響を及ぼす可能性があります。

接触型と移行型について

接触型と移行型について

除草剤は効果範囲に注目すると、接触型と移行型に分けることができます。

接触型は、薬剤がかかった部分だけに効果を発揮します。即効性があるというメリットがある反面、薬剤がかかっていないと効果がないので仕上がりにムラが出やすいという欠点があります。

移行型は、薬剤が葉や根から吸収され全体を枯れさせるタイプです。散布の際に多少ムラがあっても、全体的に枯れさせることができますが、枯れるまで時間がかかります。

合同会社アイ・エヌ・ジーの防草剤について

合同会社アイ・エヌ・ジーの防草剤について

雑草対策には除草剤を使用するのが主流ですが、防草剤を使用するのもおすすめです。

除草剤は色々なタイプがありますが、どれも基本的には薬剤によって雑草を枯らすことを目的に作られています。一方、防草剤は雑草を枯れさせるのではなく、成長させないようにするのが特徴です。

合同会社アイ・エヌ・ジーで使用している「草なしくん」は、薬剤などは使用しておらず、天然由来の成分から作った安心・安全な防草剤です。

周りの樹木の成長を妨げることはありませんので、立派な樹木が数多く植えられている庭園などでも安心してご使用いただけます。

また、一度使用した箇所には半永久的に雑草が生えてこなくなるため、「頻繁な除草作業が面倒なので強力な除草剤を探している」という方にもおすすめです。雑草対策・除草でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

雑草対策に除草剤使用をご検討されているなら合同会社アイ・エヌ・ジーへ

会社名 合同会社アイ・エヌ・ジー
本社 住所

〒861-8064 熊本県熊本市北区八景水谷4丁目5−33 飛田ビル1階

代表者 野本 哲郎
TEL 096-245-6451
FAX 096-245-6453
営業時間 9:00~18:00
定休日 土曜日・日曜日・祝日
URL https://www.2611ing.com/
page-top

熊本市の雑草対策・防草施工【合同会社アイ・エヌ・ジー】

〒861-8064
熊本県熊本市北区八景水谷4丁目5-33飛田ビル1F